NPO法人ペットの健康を考える会

NPO法人ペットの健康を考える会です。イベント情報や、これまで書き溜めてきた大量の文章を少しずつ掲載していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェレットを学ぶ会2009 -3

まだまだ席の方がございますので、ご参加を検討されている方はどうぞご参加ください。


お申し込みフォームはこちら⇒http://form1.fc2.com/form/?id=245981
学ぶ会詳細はこちら⇒http://www.aoh.co.jp/wfc/2009mnbki.html

<<メイン獣医学講座>>
エキゾチィックペットクリニック霍野(ツルノ)晋吉院長
「フェレットの分類・生態」 http://exo.co.jp/

霍野(ツルノ)晋吉院長先生のお話を聞ける機会などなかなかありません。
主治医で診断が付かない場合のセカンドオピニオンとしての利用が多い
動物病院ということで、検査と診断に長けている認識を持っています。

獣医師や、エキゾティックのペットショップの皆様にとって
非常に有名な先生です。獣医師に診療方法を教授する先生と言う立場で、
さまざまな診療を広く伝えていらっしゃいます。
病院には診療の勉強に来ている獣医さんも多くいらっしゃいます。

今回は「フェレットの分類・生態」と、内容に物足りないと感じていらっしゃる
方もいる声も聞いていますが、こうした専門の先生の見識を再度伺うことで
皆様の知識が深まるのではないかと期待しております。
良く見知った情報ほど、深みが面白いものですので、ぜひご参加をお勧めいたします。



http://www.aoh.co.jp/wfc/2009mnbki.html



<<フェレットを学ぶ会の開始>>
今回の学ぶ会は13時から1部を開始します。
0部は昨年参加できなかった方、
もう一度復習したいみなさまのためにご用意しました。
0部は資料をご用意いたせませんので、
昨年の物がおありでしたらお持ちください。
スタッフはこの時間に準備を行いますので、
静かに観覧できる時間に願っています。

<<追加情報>>
1部:13時より フェレット愛好家による活動報告では、
一部予定を変更して、ご要望がございました
NPO法人ペットの健康を考える会 副理事長永池氏
「フェレットサプリメント ナルヘソ研究開発者」による
【フェレットの健康長寿の暮らし方】を短い時間でまとめてご紹介いたします。


フェレットの寺子屋、えるえ、フェレラボなどの勉強会で
お話している内容のまとめた物です。各々なぜそうなのかの情報は
詳細をこれまで説明してきました考えの紹介です。
幅広く【健康長寿】ですので、伝えたいことを明確に

フェレットの持つ健康維持の力、生体恒常性をご紹介します。

このほかに、インスリノーマー時の糖類以外の
脳機能維持機構をご紹介します。

<<懇親会のお知らせ>>
獣医学講座が終わった後に懇親会を行います。
1000円の会費でお弁当などの簡単な食事を用意して
テーマを決めず、ざっくばらんにフェレットのお話を
残った方々で出来ればと思っています。

懇親会には初めての人も、一人でご参加の方も、
時間が許せばぜひご参加ください。
一人でも近しい人が出来ると結構と考えます。

<<お振込みについて>>
お申し込みいただき、ご入金がまだの皆様は、
ご入金の都合が遅れるようでしたらご連絡ください。
参加の都合が付かずにキャンセルされたい方は
キャンセルの旨をお知らせください。
速やかな入金確認のために、入金のご連絡のご協力をお願いいたします。
運営はすべて無償スタッフで運営しています。
皆様のご協力お願いいたします。

NPO法人ペットの健康を考える会
http://www.aoh.co.jp/
フェレット部門WFC
http://www.aoh.co.jp/wfc/index.html
フェレットの学ぶ会2009
http://www.aoh.co.jp/wfc/2009mnbki.html


<<フェレットの寺子屋>>
フェレットの寺子屋第2回@尼崎 2月22日
野生及び本能から考える飼育の基本・食生活のこと
オプション講座下痢について
http://npoaoh.blog44.fc2.com/blog-category-2.html

第三回:病気の種類と予防。初期症状の見つけ方
4月か、5月に予定しています。
川崎会場でのオプション講座はリクエストにより
【ツボ・温灸・マッサージ入門】を検討しています。
http://www.aoh.co.jp/wfc/trky.html

NPO法人ペットの健康を考える会
http://www.aoh.co.jp/
運営責任者 副理事長ながいけきよし
スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/31(土) 08:02:04|
  2. フェレット勉強会
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0



2008年度セミナー活動情報

NPO法人ペットの健康を考える会に関するイベント

すべてのお問い合わせは代表office(アットマーク)aoh.co.jp まで

2008年度セミナー活動情報

4月8日  AHLT普及協会初級講座①@東京 
初級講座3回 2万円 一般見学 1000円

4月 日  AHLT普及協会初級講座②@東京 
初級講座3回 2万円 一般見学 1000

4月27日  AHLT普及協会初級講座③@東京 
初級講座3回 2万円 一般見学 1000
4月22日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

5月26日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

5月23日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

6月23日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

7月 フェレットの寺子屋 尼崎
インスリノーマーについて
 
7月28日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

8月25日 AHLT普及協会練習@東京 
参加費 会員 2000円 一般見学 1000円
19:00-21:00

8月26日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

9月16日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

10月25日 フェレットの寺子屋 第一回@関東 川崎
参加費 3000円
13:30-15:30

10月26日
フェレットの寺子屋 第一回@関西 尼崎
参加費 3000円
14:00-16:00

オプションとしてフェレットシェルターについてほか
+1000円

10月28日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00  <後援>

11月25日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

1月11日静岡市動物愛護推進ボランティア猫会合
140円(会場費として )<共催>

1月27日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00 <後援>

1月24 フェレットの寺子屋 第二回@関東 川崎
参加費 3000円
13:30-15:30

2月8日
フェレットを学ぶ会 @関東 川崎
参加費5000円 10:00-19:00

2月22日 フェレットの寺子屋 第二回@関西 尼崎
参加費 3000円
14:00-16:00

2月24日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00   <後援>

3月24日 定例勉強会 @関西 守口市
参加費 業者 10000円 一般 6000円
13:00-20:00  <後援>



協会HPはhttp://aoh.co.jp/です
  1. 2009/01/14(水) 15:25:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

フェレットの寺子屋 第二回

第二回フェレットの寺子屋 

1月24日 川崎
2月22日 尼崎

で開催を計画しています。
内容の詳細を記載しています。
参加を検討されている皆様はどうぞご検討ください。

第一回で頂いたご意見・ご希望を参考に開催いたします。




☆関東@川崎会場

 1月24日(土) サンピアンかわさき 
 http://www.sunpian.jp/

 
 時 間 : 13:30~15:30

☆関西@尼崎会場
 
 2月22日 大庄地区会館
 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_002.html

 時間 : 14:00~16:00
 
 関西開催は下痢講座の後、ご一緒にお弁当などで食事をしながら懇談いたします。
 個別健康のご相談はこの時の時間をご利用ください。


☆参加費 

 3000円 (関東関西会場共に基本講座2時間)

☆オプション講座
 
 30分休憩後に1時間「下痢について」行います。
 オプション講座は参加費別途1000円

☆参加費お振込み先
 
 銀行口座:三菱東京UFJ銀行 静岡支店 363 普通口座番号0008594
 名義:NPO法人ペットの健康を考える会



☆第二回:野生及び本能から考える飼育の基本・食生活のこと
 参加費 3000円
 2時間の講座の中で本題を1時間半で行います。
 休憩後に残りの時間で、行った内容についての
 ご質問にお答えする時間を設けます。

 *実際、皆さんにお伝えしたい項目が多いため全部出来ないこともあるかもしれませんが
  下記のとおり予定しています。

 30分の休憩後オプション講座 下痢について
 休憩中は残る皆さん同士で懇談に利用ください。


NPO法人ペットの健康を考える会
フェレット部門わいわいフェレットクラブWFC
フェレットの寺子屋スタッフ
メール:trky2008@aoh.co.jp

WFCのHP http://aoh.co.jp/wfc/
寺子屋HP:http://aoh.co.jp/wfc/trky.html

☆内 容

 
 ・フェレットの始まりはアルビノ種

 ・光とフェレット。光の影響

 ・住んでいる所の地域差

 ・寿命を延ばす方法 2つ マウスの動物実験から

 ・温度
  環境が暑いために種族的な小型化が起こる

 ・フェレットは(特徴)
  胴長短足:地面から近く、地面の影響を受け易い。同時に気管支も同様

 ・歯の形状
  臼歯が無い。合う歯がないと言うことは

 ・床【環境】
  フローリングはすべるので腰に負担を掛ける。

 ・ひじの毛
  細い所を進むセンサー

 ・環境順応と性質

 ・本来食とドライフード 食の問題

 ・【本能】食性の変化 
  参考:食べたいものが変化する。猫がねずみを追わなくなったのは。。

 このようなお話を現在予定しています。


~オプション講座別途1000円~

☆下痢について

 
 ・下痢について項目

 ・脱水を起こさない水分補給の方法

 ・下痢をする作用-

下痢とは

長く下痢をすると起こる弊害

下痢の原因は

下痢をしない体質にするには

下痢をする事で失われる成分は

心理的要因で下痢をするのは

腸内環境を整えるには

腸内環境を整える成分には

フードを変更すると下痢をするのは

薬の使用

http://aoh.co.jp/wfc/trky.html

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/13(火) 17:44:08|
  2. フェレット勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェレットを学ぶ会09

今年は2月8日にフェレットを学ぶ会@川崎を計画しています。

日程:2009/2/8(日)
場所:大山街道ふるさと館(神奈川県川崎市高津区溝口3-1-3 最寄駅は溝口駅)
参加費:5000円
タイムスケジュール:
 0部:10時より フェレット獣医学総論
 1部:13時より フェレット愛好家による活動報告
 2部:15時より AHLT体験教室
 3部:17時より 獣医学講座
        「フェレットの分類・生態」
1部2部の時間入れ替えを行っています。

学ぶ会HP:http://aoh.co.jp/wfc/2009mnbki.html
【フェレットの寺子屋 1月24日川崎 2月22日尼崎もよろしくお願いします
HP:http://aoh.co.jp/wfc/trky.html】

運 営
NPO法人ペットの健康を考える会
フェレット部門わいわいフェレットクラブWFC
フェレットの学ぶ会スタッフ
メール:aoh_ferret@yahoo.co.jp 
返信が遅い場合にはnpoaoh@aoh.co.jp



内 容

0部:フェレット獣医学総論
昨年の学ぶ会での倉田先生による獣医学総論のビデオ上映を行います

1部:フェレット愛好家さんの活動報告
フェレットイズムの能川氏より、フェレットスクールの紹介を行います。
ヨーロッパ毛長いたちと暮らしているやがみぃ氏の、完全手作り食の紹介、苦労話を紹介いたします。
フェレットレスキュー活動をしているたえさんの、フェレット行政の話と、活動状況の紹介
昨年フェレットを連れて参加したみぃさんの、インスリノーマー血糖値26でも発作を起こさないで暮らした飼育情報を紹介いたします。
補足情報:人間の場合血糖値45を下回ると昏睡し、命に係わる危険な状態になります。



・愛好家さんの活動報告の進行、取りまとめ、手作り食と、インシリノーマーの看護の発表は副理事長 永池より行います。


愛好家さんの話がどの程度の時間お話が出来るかわかりませんので、時間調整として永池が話を行います。

内 容
現在 大学で分析研究していること、これから行うフェレットの研究予定
どの餌のたんぱく質がいいのか?判断のための研究、窒素出納実験の紹介
フードのたんぱく質の「質」の良し悪しを数値で測る方法の紹介
低血糖時(インスリノーマー)に獲得する、脳の機能を維持するために、脳で利用するブドウ糖以外のエネルギー代謝機能の紹介。血糖値を高めず、低血糖に慣れるフェレットに備わっている体の仕組み。
マウスの実験より、集団寿命を延ばす方法の紹介
NPO法人ペットの健康を考える会 フェレット部門WFCの活動状況など、ご要望に応じ、AHLT講座までの空いた時間の調整でお話します。ご要望とその場の都合で変更を加えます

2部:AHLT(アニマル・ヒューマン・リンケージ・テスト)
AHLTとはAnimal(動物)Human(人間)Linkage(連携)Test(検査)とし、飼い主とペットが手をつないでペットの身体の声を聞くことのできるテストです。

現在月に一度練習会をおこなっており
今回学ぶことができるのは基本講座、練習会で行っている内容と同等のものです。
すい臓、肝臓、副腎、ホルモンバランスのフェレットで多いトラブルのチェック方法を重点的に習得します。


3部:獣医学講座
エキゾチックペットクリニックのツルノ先生による「フェレットの分類・生態」

<先生の紹介>
著書の多く持つ霍野 晋吉先生は下記のHPで31冊に及ぶ著書を発行されています。



共著や、監修も含めていすが、エキゾティックの分野で非常に有名な先生です。

http://www.amazon.co.jp/1-%E6%9C%AC/s/qid=1231293006/ref=sr_pg_1?ie=UTF8&rs=465610&rh=n%3A465610%2Cp%5F27%3A%E9%9C%8D%E9%87%8E%20%E6%99%8B%E5%90%89&page=1

1.リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方
2. こんなにかんたん!ミドリガメ・ゼニガメの飼い方 霍野 晋吉
3. ハムスターの気持ちが100%わかる本―幸
4. こんなにかんたん!ハムスターの育て方
5. リスの医・食・住
6. カメの飼い方がよくわかる本―ミドリガメか
7. かわいいハムスターの飼い方
8. ウサギの気持ちが100%わかる本―幸せウサギぞっこん倶楽部
9. プレーリードッグ・ジリスの医・食・住
10. カメに100%喜んでもらう飼い方遊ばせ方.
11. かわいいウサギの飼い方―ウサギといっしょ
12. エキゾチックアニマルの診療指針―カラーアトラス NO1
13. ハムスターハンドブック―ハムスター倶楽部
14. ハムスターの健康ダイエット
15. ハムスター・ウサギ・リスなどの飼い方
16. 小鳥の気持ちが100%わかる本―インコ
17. とってもかわいい!インコ・ブンチョウの
18. ハムスターの気持ちが100%わかる本
19. ハムスターとなかよく暮らす本
21. ハムスターハンドブック―ハムスターのしあ
22. ハムスターの結婚 (ハムスター倶楽部)
23. カラー図鑑 ハムスター・ウサギ・フェレットなどの飼い
24. ハムスター・ウサギ・リスたちと暮らす本
25.ラビットメディスン Frances Harcourt-Brown。
26. ハムスター・ウサギ・リスハンドブック―
29. ハムスターの診療所―ハムスターのしあわせ百科
30. みんなのハムスターとってもかんたんBOOK
31. ハムスターの不思議―ハムスターのしあわせ百科
32. くわしいリスの医・食・住 霍野 晋吉 (単行本(ソフトカバー)
33. ハムスターの診療所 (ハムスター倶楽部)
34. 動物由来感染症―ヒトと動物が健康に生活す
35. カラーアトラス エキゾチックアニマルの診療指針NO2


獣医師さんに診療方法をレクチャーする先生で
学会講師を担当し、医療研究をしている先生です

カラーアトラス エキゾチックアニマルの診療指針NO2では、
獣医師さん用に診療指針として2001年に29400円で
販売されています。飼い主さんでも読まれた人が多いと思いますが
獣医さんも霍野 晋吉から勉強しているすばらしい先生です。

http://www.togenkyo.net/amaxoop2+;;amaxo.ASIN+4899951639.htm

本を読んだ方の感想文

フェレットの事が知りたくて・・ (2004-02-16)

家には10匹のフェレットが居ます。本当は、14匹でした、昨年、4匹が他界・・・獣医さんの説明だけでは、病気の事が理解できず、他の獣医学書を購入したのですが、引用文献が多く、専門用語も多く、素人の私には、なにがなんだか解りませんでした。この本は、飼い方から、動物の特性・・種による疾患、症状の現れ方などが、素人の私でも解りやすい言葉で書かれていてとても参考になります。今後10匹のフェレットの異常の早期発見!早期治療の役に立つと思います。獣医学書で、こんなに優しい言葉で書かれている本は、他にないような気がします。フェレットだけでなく、エキゾチックと言われている動物の病気は、殆ど載ってます。少し、高いですが、お勧めです。



2008年の学ぶ会に引き続きレベルUPした内容に期待していた皆様は
用意された内容にがっかりした、求めと違うという声を頂戴しました。


霍野先生が用意できる飼い主さんようの話題は「フェレットの分類・生態」のみで
最初は広く浅くがよいでしょうというお考えでこの内容になりました。

「医療情報はそれぞれの獣医さんで意見が違ってくるので
やらないほうが良いのではないか」とお返事をいただいています。

会としては獣医さんの講座を継続してお願いしていきたいと考えていますので
今後先生のお話の発展も期待しています。

そこで、この主題の中に織り込める話題など
「こんな話題が知りたい!」そんな声を寄せていただけませんか?
内容によって霍野先生にお願いできることもあるかもしれませんし、
学ぶ会の中で対応できることもあると考えています。

運営にどうぞご協力いただけませんか?

普段、霍野先生は獣医師さん向けに1回8000円の講座を開催しています
http://exo.co.jp/
医療関係者以外は入れない講座ですので、貴重な機会を活かしていきたいと考えています。


お問い合わせいただいた内容
Q:長時間に及ぶため、全部は参加できないのですが?
A:都合のよろしい講座にご参加ください

Q:獣医講座のみを受けても費用は同じですか?
A:はい。座席数で運営していますので、一律でさせていただいています。

Q:開催に必要な費用はどのくらい必要ですか?
最低10万円ほどです。講師費用 60000円(2名)、会場費9000円 広告23000円 資料代雑費 7000円 など最低でも必要です。2008年はこのほかに講師交通費、などで約18万円必要でした。2008年2月は約1万8000円の損金でございました。

Q:0部は昨年参加したので、参加しないでよろしいですか?
A:はい。昨年はこの時間準備時間として利用していましたが、せっかく一日会場を借りていることもあり、昨年のビデオを上映することにいたしました。復習したい方がいらしてもよろしいですし、昨年参加できなかった方が勉強する機会になればと思い、ご用意いたしました。学ぶ会自体は、AHLTより開始ですから、来ることが出来るのであれば是非ご参加ください。

Q:AHLTは昨年と同じ内容ですか?
A:違います。体験教室の形で、皆さんに手法を体験していただきます。2008年より発展した形を依頼しています。

Q:AHLTは見ていて信じられなかったのですが
A:口でいくら説明いたしましても、信じがたい気持ちは消えることは無いでしょう。実際に自分の肩や、腰などあらゆる痛みが瞬時に消えるのを体験してみるといいと思います。積極的に参加して自分の痛みが消えるのを、ご自分で経験してみてください。
その作用と同じことがフェレットの体の中でも起こる出来事です。
2008年度は4月に3回の基本講座を開催し、8月より毎月練習会を開催してきました。初めての初級講座のメンバーは6名で、その後も集まり習得にいそしんでいます。

Q:なぜ倉田先生の講座はないのですか?
A:はい。私たちスタッフも残念ですが、幸いに霍野先生が了承してくださいました。会場を予約できた段階で、倉田先生に日時のご相談をしましたが、よく考えた上で診療の状況、参加される方へ突然キャンセルは申し訳ないため、辞退されることになりました。
 ビデオ参加などご提案していますので、またこうした機会があれば、倉田先生から教わることもあるかと思います。

Q:一人なので参加しし辛いのですが。
A:一人で参加の方も多くいます。みんなフェレットが大好きな方の集まりです。隣に座った方に、「どんな子と暮らしているのですか?」と、話しかけてはいかがでしょうか?すぐに話が弾むと思います。大丈夫です。スタッフとしてお手伝いいただければすぐに仲良くなれますので、簡単な当日のお手伝いしていただければと思います。
ご参加お待ちしています。


Q:持ち帰れる新しい情報はありますか?
A:はい。あります。ネット上に出ていない情報が提供される予定です。研究していて思うことですが、勉強会で全部が新しい知識と言うことばかりでなく、参加者の皆さんの知っている事柄の差もありますので、全部新しいことはいきません。それでも、一言の重み、新たな深みの発見などで知識に重みが出来て行くものです。似たような本でも切り口が違うものを多く見れば全体像を把握できていきます。
新しい情報ありますので、ぜひご参加ください。

この他にも、どんな内容を聞けるのかな?
と疑問がある方
こんな事が聞きたい、とご意見のある方は一度お問い合わせください。
検討後可能なことを取り入れさせていただきます。
メール:aoh_ferret@yahoo.co.jp 
返信が遅い場合にはnpoaoh@aoh.co.jp

学ぶ会お申し込み
メール:aoh_ferret@yahoo.co.jp 
お名前とご連絡先を明記の上お申し込みください

学ぶ会お振込み先

■振込先 郵貯銀行口座 12360-50876161
 銀行口座:静岡銀行 本店営業部 普通口座 1491883 
    名義:特定非営利活動法人ペットの健康を考える会

参加費 5000円




フェレットの寺子屋も1月24日 川崎で開催しています
お時間のよろしければご参加ください。

NPO法人ペットの健康を考える会
フェレット部門わいわいフェレットクラブWFC
フェレットの学ぶ会スタッフ
メール:aoh_ferret@yahoo.co.jp 
返信が遅い場合にはnpoaoh@aoh.co.jp
WFC HP http://aoh.co.jp/wfc/
学ぶ会HP http://aoh.co.jp/wfc/2009mnbki.html

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/13(火) 17:42:39|
  2. フェレット勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東フェレットショー誘致委員会

フェレットショーを関東で!

ミクシー内コミュニティー

関東誘致に向けて活動するボランティアさんの為のコミュニティです。
関東での2010年開催を一緒に目指しませんか?


フェレットショーは第一回が名古屋で1999年3月28日に開催されて以来、2008年5月で18回を数えた盛況な年2回のイベントです。
非常に楽しい有意義な場であり、たくさんの飼い主さんが全国から集っています。

関東では第3回目の2000年4月に東京都で開催されたのみで、全体の半分の9回が静岡県で開催されています。

関東にも非常にたくさんのフェレットの愛好家がおり、交通費の負担が少なく参加できる関東でのフェレットショー開催が望まれていることから、フェレットショー関東誘致委員会を立ち上げました。

フェレットショー関東誘致委員会は、NPO法人ペットの健康を考える会のフェレット部門として設立されたWFC(わいわいフェレットクラブ)の部門の一つです。

たくさんのフェレットちゃんとオーナーさんが参加し、楽しく素敵なフェレットショーが開催されるために、少しずつ力を分け合いながら開催できることを願っています。




当コミュニティでは、ボランティアとして協力して頂ける方を募集しています。

関東誘致実現にはボランティアさんの協力が不可欠です。

運営、事前準備から当日のちょっとしたお手伝いまで、少しだけ、出来ることだけの小さな力も集まれば大きな力に変わります!




ボランティア 例えばこんな事・・

・カタログ製造
・ポスター巻き
・前日の会場設営
・当日の司会進行
・音響や空調の管理
・ワクチンチェック
・受付
・チケットの販売や確認
・通訳や外国人ジャッジの補助
・カメラ、ビデオ撮影
・キャリー管理
・イベント担当
・補助


この他にも、ほんの少しの時間で出来るボランティアは沢山あります!
何をするの?どんな事をしたら良いの?わたしに出来ることは?
そんな疑問や質問は管理人までお寄せください。





【誘致団体】
NPO法人ペットの健康を考える会フェレット部門WFC(わいわいフェレットクラブ)


【フェレットショー関東誘致実行委員会役員】
総括責任者:NPO法人ペットの健康を考える会副理事長/WFC総括 永池 清詩 


【フェレットショー関東誘致委員会ボランティア】
運営ボランティアリーダー/コミュニティ管理人:tae
運営ボランティア副リーダー/コミュニティ副管理人:いたちarea

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット

  1. 2008/08/24(日) 17:30:34|
  2. フェレット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。